新しく、タイムレスな
デザイン

美しいデザインをさらに進化させるのは、信じられないほど困難な作業です。この作業を成し遂げるには、各方面における膨大な協力作業が必要でした。全パーツのうち約50%、ボディパネルの実に70%以上が新設計されましたが、時代を超越したエレガントなスタイルは以前のままです。

史上最高のDB9

もっともパワフルなDB9

最高出力517PS。620Nmまでスムーズに立ち上がるトルク。0~100km/h加速は、わずか4.6秒。新設計されたAM11 V12エンジンにより、史上最強のDB9が誕生しました。しかし、アストンマーティンにとっては、パワーだけがすべてではありません。CO2排出量を12g/kmも削減したことでわかるように、強力なばかりでなく最先端のエンジンでもあるのです。

  • 620最大トルク
    Nm
  • 517最高出力
    PS
  • 4.6 0 ~ 100 KPH 加速

新採用のコンポーネントと先進のエンジニアリングにより、もっとも剛性の高いDB9が誕生しました。最先端のVHアーキテクチャーは、さらに進化。これは、数字だけを見ても一目瞭然です。剛性は、DB9 Coupeにおいて20%、DB9 Volanteでは30%も向上しました。エンジニアは、軽量化と強さを両立するという難題をクリア。新型DB9は以前より15kgも軽くなったのです。

世界レベルのダイナミクス

ブレーキもさらに進化

すべての車両に最先端のカーボンセラミック・ブレーキを採用し、DB9史上最強のブレーキ・システムを搭載しました。優れたレスポンスと長寿命を両立し、ほとんどフェードを起こさないすばらしい性能を実現しています。

新型DB9は、いかなる速度や環境でも、傑出したブレーキ・フィールをもたらします。

アストンマーティンは、ありきたりのインテリアを採用するつもりなどありませんでした。素材の使い方における新たな高みを目指そうと決めたのです。マスター・デザイナーは熟練の職人と協力して、グランドツアラーとしては前代未聞の組み付け精度と仕上げ品質を達成しました。新工場において手作業で縫い上げられる、流れるようなレザーウェルト、ガラス製のコントロールスイッチ、ブリッジ・オブ・ウィアー社が提供する最高品質の牛革などがその一例です。その結果として誕生したのは、史上もっともラグジュアリーなアストンマーティンDB9です。

さらにラグジュアリー、
ドライバー中心のインテリア

Rocket Fuel
Loading...