スポーティング・ドリーム



スピードのための造形美

プロジェクトの起点は、アストンマーティン現行ラインナップの中で独自の輝きを放つスポーツカー、V8 Vantageでした。V8 Vantageは、すでに完成の域にあるアイコン的スポーツカーですが、さらにスポーティで俊敏性を高めたモデルに仕上げられる、との確信があったことも事実です。GT4レースプログラムで培った経験と叡智をフィードバック、精鋭揃いのデザイナーとエンジニアは、現行モデルに代わるクルマを造るのではなく、ドライバー主導を前面に打ち出したスペシャルモデルを創造し、V8 Vantageラインナップを充実させるという課題と取り組みました。

V8 Vantage S – レース直系のダイナミズムが教えてくれたもの

エンジン・テクノロジーの熟成と進化

V8 Vantageに搭載される先進の4.7リッターV8ユニットに精妙なチューニングを施して、10bhpのパワーアップと20Nmのトルク増強を実現しました。V8 Vantage史上もっとも集約的なドライビング・エクスペリエンスが約束されています。

  • 490Torque
    Nm
  • 436Power
    PS
  • 4.6Seconds
    0 to 60 MPH

スタイルにもレースの息吹


Vantageのクラシックな造形美には敢えて手を加えず、サーキット直系のデザインボキャブラリーが応用されています。フロント・ロア・スポイラーには、織り地の方向まで完璧に作り込まれたカーボンファイバーを採用しました。サイドシルにも改良のメスを入れ、マッシブなワイドフォルムを強調。デッキリッドの「フリップ」を延長、これがリヤ・スプリッターと相まって、リヤエンドの印象をアグレッシブに仕立て上げています。新しい19インチ「V」スポーク・ホイールを標準装備として、オプションには超軽量鍛造10スポーク・ホイールを用意しています。

Sportshift IIを採用

V8 Vantage Sは、新しい7速Sportshift™ IIオートメーテッド・マニュアル・ギアボックスを採用し、先代スポーツシフト比で20%も高速化されたシフトチェンジを実現しています。7速化されたことで各ギア間のギャップが切り詰められ、理想のトルクバンドを十二分に活かせるようになった上、4.182:1のファイナルドライブにより、V8 Vantageを上回る加速性能が達成されました。Sportshift™ IIにより、コントロール性にいっそう磨きがかかり、理想的なシフト操作とスロットルコントロールができるようになりました。

豪奢なスタイル


V8 Vantage Sには、アストンマーティンGTモデル・ラインナップと同一の厳選素材が使われているほか、インテリアには独創性の強い特徴が数多く見受けられます。贅を尽くしたセミアニリンレザーにモータースポーツにインスパイアされたステッチを施し、視覚的アピールを高めています。ピアノブラックのフェイシアなど、厳選されたメタル素材やウッド素材を入念に加工し、V8 Vantage Sらしい豊かな空間が演出されています。

Loading...