スポーティング・ドリーム


最強の心臓

パワーとパフォーマンスを高次元に融合するようファインチューンされた4.7リッターV8エンジンは、文字どおりV8 Vantage Sの心臓であると同時に、アストンマーティン100年の歴史の中でも最強のV8ユニットです。ケルンファクトリーでハンドビルドされるV8エンジンは、オリジナルV8 Vantageのパワーユニットを凌駕しています。

最高出力:436PS、最大トルク:490Nm、最高速度:約304km/h、0~100km/h加速:4.6秒。V8 Vantage Sは、圧倒的なダイナミズムを誇るドライバーズカーです。

Sportshift IIトランスミッション

V8 Vantage Sには、驚異のポテンシャルを持ったまったく新しい7速「Sportshift™ II」パドルシフト・トランスミッションが搭載されています。最新型に進化したこのトランスミッションは、クロスレシオの採用と最終減速比の引き下げにより、圧巻の加速パフォーマンスを約束します。敢えてシングルクラッチにこだわったのは、このシステムに機構のシンプルさと軽量の2点でデュアルクラッチ・ソリューションを上回るアドバンテージがあるからです。Sportshift™ IIにより、コントロール性にいっそう磨きがかかり、理想的なシフト操作とスロットルコントロールができるようになりました。



先進アルミニウム構造は、現行アストンマーティン・ラインナップ全車に共通する特徴です。「VH」プラットフォームは、V8 Vantage Sに合わせてテーラーメイドされ、ダイナミックなスポーツカーにふさわしい剛性と俊敏性を実現する要素となっています。宇宙航空業界で熟成進化されたエポキシ樹脂接着法をはじめ、業界をリードするテクノロジーが応用されたVHプラットフォームは、パフォーマンス、安全性、流麗なフォルムのすべてを高次元でバランスさせています。

専門知識がもたらす先進性と柔軟性


ボタンひとつで

V8 Vantage Sには、「スポーツ」ボタンが装着されています。上品なガラス・スイッチをひと押しするだけで、ギアシフトが高速化し、スロットル・レスポンスがいっそうアグレッシブになり、エンジンスピードのほぼ全域でエキゾースト・バイパスバルブが開放された状態になります。クルマを操っているという感覚が増幅され、V8 Vantage Sらしいドライビング・エクスペリエンスの扉が開かれます。



サウンドもユニーク

アストンマーティンの流儀に則り、V8 Vantage Sには、サウンドエンジニアが入念なチューニングを施しています。V8 Vantage Sにふさわしいサウンド、つまりモデルのコンセプトに合い、しかもラインナップの序列に合致した音作りが行われています。精妙なパイプワークに加えて、マフラーが一新されるとともにバイパスバルブの制御マップも書き換えられた結果、印象的なバリトンサウンドを響かせるエキゾーストシステムが完成しました。

ダイナミズムとバランス

V8 Vantage Sには、新しいスプリング/ダンパーユニット、ワイドなリヤホイール、シャーシの改良などダイナミズムを強調するさまざまな改良が施されています。ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)システムもニューモデルに合わせて再チューンされています。ブレーキモジュールが新型に進化、緊急時のパニックブレーキを支援するハイドロリック・ブレーキ・アシスト(HBA)が追加されました。また、最終的なパワー/トルク伝達経路にも目を向け、ブリヂストンとのコラボレーションの下、圧倒的なホールド感とフィールを提供する専用タイヤを開発しています。


公道とサーキットの溝を埋めるV8 Vantage Sには、Vantage GT4の影響がハッキリと見て取れます。そのままレースに出場できるクルマを、とのコンセプトに基づき、FIAロールケージ、レース仕様燃料タンクなどが採用されたほか、さまざまな箇所に軽量化のメスが入れられました。アストンマーティンは、2012年シーズンのGT選手権で合計40勝をマークしています。このレースプログラムを通じて貴重な経験を積み上げ、新型V8 Vantage Sにもその成果を応用しています。アストンマーティンの勝利の先には、オーナーである皆さまの勝利が約束されているのです。

サーキットに乗り付け、そのままレースに出場

Loading...