Vanquish Badge

究極のVolante

進化による純粋性

 

2012年に発表された新型Vanquishは、先進技術と純粋な美を組み合わせ、ただちに絶賛を受けました。世界をリードするデザインチームは、一目でアストンマーティンと分かり、かつ大胆な新しいスタイルを生み出したのです。しなやかで研ぎ澄まされ、エレガントでありながら筋肉質。Vanquish Volanteの開発において、デザイナーはコンバーチブルのボディシェイプをさらに洗練させました。プロポーションとバランスは維持し、まったく同じ空力性能を確保しつつ、個性溢れるコンバーチブルのスタイリングが生まれたのです。100周年の節目に、私たちは究極のVolanteを発表できることになりました。


シンプルで使いやすい
デザイン

 

ルーフの操作はシンプルで、開閉も簡単です。Vanquish Volanteのルーフ操作には、難しく面倒な作業は一切ありません。ボタンを押すと、軽量ファブリックルーフは、エクステリアのスタイリングにいっさいの影響を与えず、わずか14秒でトノカバーの下に収まります。

さらに、Vanquish Volanteのルーフは、48km/hまでなら走行中でも開くことができるのです。

洗練されたスタイルとパワー


「Vanquish Volanteはスポーツカーですが、何よりも究極のVolanteです。アストンマーティンのコンバーチブルという歴史的な血統を受け継ぐこのスーパーGTは、爆発的なパワーだけでなく洗練されたスタイルも特徴としています。」 – アストンマーティン、デザイン担当取締役マレク・ライヒマン


絶妙のフォルム、
先進の機能


アストンマーティンは、先進のカーボンファイバーにより、いまやアイコンとなった感のあるVanquishのリヤ・エアロダクトを作ることができました。Vanquish Volante用に最適化されたこの一体成形ピースは、ダウンフォースと空力性能を向上させます。製造にまる2日間を要するこの重要なパーツは、細部をおろそかにしないクラフトマンシップと純粋なフォルムを兼ね備えています。Vanquish Volanteはまた、リヤのブレーキランプをデッキリッド面に巧みに統合しています。

パフォーマンスのための
デザイン


クーペの空力性能を備えたコンバーチブルを創造できるのは、世界中でアストンマーティンだけです。高速走行時の安定性、シャープなコーナリング、抑え込まれた空気抵抗。設計を見直したボディパネルと先進のリヤ・エアロダクトにより、ルーフの状態にかかわらず揚力バランスが保たれています。

純粋で流れるような
ライン

フルハイトを持つ新設計のウインドスクリーンから始まる、流れるようなフロントプロフィール。アストンマーティンとしては初めて、ウインドスクリーン上からボディ色のサラウンドを取り除き、ファブリック製ルーフと直接つながるように設計されています。これによって、視認性が向上し、プロフィールはよりクリーンになっています。Vanquish Volanteはここでも、デザインとエンジニアリングを1つの驚くべきパッケージにまとめ上げています。

カーボンファイバーのスーツ


Vanquish Volanteは、ボディにカーボンファイバーのみを使用する最初のアストンマーティン製コンバーチブルです。それは、デザイナーが求める形状を生み出す事のできる唯一の素材でした。軽量ながらすばらしい強度を備えた先端素材によって、スーパーGTにふさわしい筋肉質で滑らかなフォルムを作り上げることが可能になりました。カーボンファイバーを随所に露出したスタイリングは、塗装および光沢パーツとの絶妙のコントラストを生み出し、印象的な視覚効果を演出しています。

1つのクルマ、
2つのルックス

アストンマーティンは、ルーフの状態に関わらず美しいクルマを誕生させました。Vanquish Volanteのスタイル面の特徴は、徹底的なデザインワークの結果です。Vanquish Volanteには、広範囲なカラーパレットに加えてパーソナライゼーションの選択肢を豊富に用意してありますので、ボディカラー、ルーフカラー、インテリアのデザインなどにコントラストを持たせることができます。繊細、スポーティ、そしてラグジュアリー。お望みのVanquishを2度楽しめるカラーの組み合わせをお選びください。

オープントップでも
すばらしいサウンド

洗練されたパッケージには、洗練されたサウンドが必要でした。Vanquish Volanteには、専用に設計された出力1,000Wを誇るバング&オルフセン製のBeosoundオーディオシステムが標準装備されます。サウンドイコライゼーションがつねにキャビンノイズを監視し、必要に応じてオーディオのセッティングを調節。13本のスピーカーは、キャビン内の理想的な位置に配置されています。ルーフの状態を問わず、Vanquish Volanteはつねにすばらしいサウンドを楽しむことができるのです。

さらにラグジュアリー、
さらに実用的


Vanquish Volanteはエレガンスとパフォーマンス、そして実用性を兼ね備えます。その証となる1つの数字をご紹介しましょう。トランク容量は、DBS Volanteから50%も拡大されているのです。279リットルの容量を確保したエンジニアは、カーボンファイバー構造を活用してリヤの余裕を生み出しました。ルーフを畳んだ状態ではトランク容量が減少してしまうコンバーチブルも多い中、Vanquishはルーフを開いても容量は同じままです。

芸術品のような
インテリア

Vanquishは、ラグジュアリーGTにおける新たなベンチマークを確立しましたが、Vanquish Volanteはそれをさらに進化させています。アストンマーティンの職人は、高級感に溢れたインテリアを生み出す最高品質の素材だけを使用しています。本物の金属、ガラス、カーボンファイバーを使い、最高のキャビンが誕生しました。そのスタイルは、お客様のお好みに合わせることができます。5種類のレザータイプ、30種類以上のカラー、40種類以上の糸を使って仕立ててください。

Loading...