究極のスペックを誇る
エクストリーム・スポーツ

世界最先端の技術から生み出される比類なきパフォーマンス。V12 Vantage Sはすばらしい数値を達成しています。V12 Vantageからさらに11%増強された573PSのパワー。9%増加して620Nmとなった最大トルク。15kgの軽量化と相まって、パワーウエイトレシオは10%以上も向上しています。

最高速度はじつに328km/h。V12 Vantage Sは、アストンマーティン史上最速の量産車なのです。

ボディに隠された高度な技術力

アストンマーティンのエンジニアは、いかなる状況でもアスセス可能なパフォーマンスと、大きな感動を呼び起こすクルマを製作する作業にとりかかりました。新しい技術、特許を取得した革新的なソリューション、そして世界トップレベルのパートナーが結集して、他に類を見ない、ドライビングを心から楽しめるクルマが誕生しました。

新世代のエンジン、Sportshift IIIトランスミッション、新しいアダプティブ・ダンピング。これらは、アストンマーティンのエンジニアリング能力を示すほんの一例にすぎません。V12 Vantage Sを史上最高のVantageとする、高い技術力をご確認ください。

アーキテクチャーの哲学

Gen4 VHアーキテクチャー、それは世界に名を馳せるボディ構造の最新進化形です。軽量なアルミニウム材が航空宇宙分野で使用されるエポキシ樹脂で接着されます。V12 Vantage S用のGen4は、以前にも増して高い剛性を誇っています。VHアーキテクチャーによって、アストンマーティン最小のシャシーに最新のAM28エンジンを搭載することが可能となりました。特徴は柔軟性とパフォーマンス、すなわち純粋なドライビング体験の中核となるものです。

    CLICK AND DRAG TO ROTATE

    より強大なパワーをいつでも利用可能

    AM28エンジンは、最高出力を565bhpまで高めていますが、あらゆる回転数で強大なトルクが発生するようにも工夫されています。1,000rpmという低回転でも、旧モデルと比べてトルクは70Nmも増加しています。各ギヤで加速性能が向上したため、安定したパフォーマンスグラフが描かれるようになりました。V12 Vantage Sは急激にピークが訪れるようなクルマではありません。終始一貫して、先頭を走る能力を備えているのです。

    最大化されたエアフロー

    AM28が叩き出す強大なパワーに合わせ、冷却およびエンジン性能改良のためにエアフロー管理も再設計されました。新採用されたカーボンファイバー製フロントグリル、メッシュの開口部、エアダクトなどは、ラジエーターに最大の冷却用エアを導くためにデザインされています。取り込まれたエアは、カーボンファイバー製ボンネットルーバー経由で排出され、最高の冷却効率を実現しています。

    コンパクトでシンプルなデザインは、ボディ周囲の気流を妨げないという利点もあります。先進のテクニカルソリューションにより、アンダーボディとスルーフローもスムーズになりました。フロントグリルは大量のエアを高速で取り入れ、Sportshift IIIトランスミッション・ブロックと新設計されたエキゾースト・マフラーは最大のダウンフォースを提供する形状となっています。各部の寄せ集めではなく、車両全体を考慮して製造されるV12 Vantage Sは、100年にわたって培ってきたアストンマーティンの高い技術力を具現化しています。

    エアロダイナミック・
    パフォーマンス

    不要なノイズを排除した
    クリアなサウンド

    ドライバーが楽しみたいのはV12 Vantage Sならではのユニークなサウンドで、ロードノイズではありません。エンジニアは、NVH(ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス)を徹底的にキャビンから取り除く作業に取り組みました。素材チームは、80%リサイクル素材の斬新な表面防音材を開発。V12 Vantageよりも33%多いキャビンエリアをカバーするこの素材は、すばらしい結果を生み出しました。重量をほぼ同一に保ち、ノイズを30%も低減させたのです。

    広範囲な試験および耐久性確認プログラムにより、2年近くをかけてV12 Vantage Sの精査と練り込みが行われました。シャシーとパワートレインの冬季テスト。温度、路面、走行距離を極限に想定したサブシステムの試験。もちろんサーキットでのテストも繰り返し行われています。アストンマーティンのニュルブルクリンク・テストセンターで開発および試験を受けた準生産バージョンは、過酷な2013ニュルブルクリンク24時間耐久レースに出走して完走。レースという究極のエンジニアリング・テストに合格したのです。

    2年間にわたるテスト

    Loading...