POWER. DRIVEN.

パワーを解き明かす

パワー。それは突き進むだけのものではありません。丹念な造形から、鋳造や鍛造。手作業による加工。飛ぶようなスピードでも失われない安定性とバランス。鋼の輝きからタイヤの噛み合わせ、個別に織られたカーボンファイバーの繊維に至るまで、隅々に注がれた飽くなきこだわり。宇宙工学を応用し、スポーツカーの魂とスピードを備え、圧倒的な快適さと筋肉質なSUVの存在感を放つ車。DBX707内部のディテールを詳しくご紹介します。

ボールベアリング・ターボチャージャー

息を呑むようなビスポーク・エンジンの迫力。ターボチャージャーに摩擦の少ないボールベアリングを採用したことで10,000rpmの推進力を追加し、合計で最大160,000rpmにも達する型破りのタービン回転数を誇ります。特別に旋盤されたスチール製タービンは、エンジンへより多くの圧縮空気をより迅速かつ効率的に供給・排出し、個々のシリンダーのパワーを増大させます。これにより、SUVセグメントの新たなフラッグシップとして君臨するこのモデルは、その名の通り、707馬力という驚異的なパワーを発生します。

湿式クラッチトランスミッション

レース用に設計された油冷式の多板クラッチ。このようなテクノロジーを導入するのは、セグメント初の新機軸です。どのようなラグジュアリーSUVでも前例のない、湿式クラッチにご注目ください。トランスミッションのギアシフトは30%も速くなり、従来型のトルクコンバーターよりも大きなトルクに対応。スポーツカーのドライブフィールと俊敏性を備えたレスポンスを実現し、スロットルのわずかな動きで、精密極まりない作動を実現しています。さらに、ローンチコントロール・システムは、パワートレインから100%のトルクを瞬時に引き出すことで、ロケットスタートを可能にします。

カーボンファイバー製プロペラシャフト

超軽量カーボンファイバー製のプロペラシャフトをはじめとする卓越したエンジニアリングは、他のどのようなSUVにも見ることのない、通常はレーストラックで使われるテクノロジーです。DBX707のプロペラシャフトは、900Nmという強大なトルクに耐えられるように設計されています。その結果、0-100km/h加速 3.3秒という、脅威のパフォーマンスが実現しました。また、最高の精度とスポーツカーのテクノロジーを融合し、絶対的な強靭さを備えたシャフトは、一体成型されることにより、中央ベアリングの必要性を排除しています。それにより、ベアリングから伝わる振動がキャビンのフロアを通じて車内へと伝わることがなくなり、スポーティな走行時でもコックピットの落ち着いた雰囲気が保たれます。

POWER. DRIVEN.

DBX707にご関心のある方はご登録ください

アストンマーティン・ラゴンダ・リミテッドでは、製品やサービスなどに関するご招待、ニュース、情報を提供する目的で、お客様に連絡させていただく場合がございます。お客様の個人情報は、お客様のお住まいの地域のグループ各社および正規ディーラー各社を含む厳選されたビジネスパートナーと共有されることがあります。

アストンマーティンのニュースをお届けします

新しい商品やサービスについてお知らせします

車、マーチャンダイズ、アクセサリなどに関するプロモーションを真先に提案します

アストンマーティンの各種イベントにご招待します

ご希望の連絡方法をお選び下さい:

当社はお客様のデータを決して販売することはなく、お客様の個人情報を安全に保ち、データをマーケティング目的で第三者と共有することは決してありません。

 

ここでいう「当社」にはアストンマーティン・ラゴンダ・リミテッド、アストンマーティン・ラゴンダ・ヨーロッパ、アストンマーティン・ラゴンダ・北アメリカ、アストンマーティン・ラゴンダ中国、アストンマーティン・ジャパン、アストンマーティン・アジアパシフィックPTE、アストンマーティンMENAリミティッド、およびお客様がお選びになったアストンマーティン正規代理店が含まれます。

 

当社はまた、法的権利の擁護または追求、規制要件への適合のために、情報やネットワークのセキュリティに関する理由で、お客様のアストンマーティン車の使用または所有に関連する正当な理由のためにお客様の情報を処理することがあります。EU内の連絡先について処理されたいかなる情報も、EU外に転送されることはありません。

 

連絡先情報に変更があった場合はいつでもdataofficer@astonmartin.comにEメールを送信して更新できます。また当社から配信されるEメールに含まれる「登録解除」をクリックすればいつでも購読を解除できます。

 

お客様の個人データがどのように利用、保存されるかに関して詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。