美しい起源

最初のアストンマーティンが造り上げられた100年以上前から、アストンマーティンは美しいもの創造に才能を示してきました。1913年にライオネル・マーティンとロバート・バムフォードがロンドンの小さなワークショップで立ち上げたアストンマーティンは、以来世界で称賛される高級ブランドへと成長しました。

美しさへの愛こそが、常にアストンマーチンを導いてきた理念です。マーティンとバムフォードの2人を引寄せたもの、すなわちアストンマーティンの起源は、その最初の表現でした。

2人はマシン、推進力、エンジン、そしてレースに才能と情熱を捧げました。彼らは、クルマに対する深い思い入れを共有していました。なぜなら、クルマは最も刺激的で印象的な体験を提供してくれるからです。その体験は、美しい瞬間です。創造し、繰り返し、祝福し、共有することを心から願う瞬間。この情熱が、次はより速く、よりパワフルでスリリング、そしてより快適なクルマ、より美しいクルマを自分たちの手で造り上げようと彼らを搔き立てたのです。

アストンマーティンが、イングランドのバッキンガムシャー州で行われた唯一のモータリングイベントにちなんで名づけられたのも驚くにあたりません。ライオネル・マーティンが最新マシンをアストン・クリントンで行われたヒルクライムレースに持ち込み、輝かしい勝利を収めた瞬間-それは、ドライビングの純粋な感動の瞬間でした。

レースの系譜

創業間もない頃から、アストンマーティンは常にレースが自動車の改良を促進すると信じてきました。歴史的なデビューを飾った1922年のフレンチ・グランプリから、1959年のDBR1によるル・マン24時間耐久レース優勝、さらにアイコニックなDB4GTがモンザで収めた素晴らしい成功まで、アストンマーティンの名車の数々は熾烈なレースの最高峰で輝かしい成果を収めてきました。

第1世紀同様、第2世紀に入った現在も、その信念は変わりません。ル・マン24時間耐久レースGTEプロクラスで2017年にV8 Vantage GTEが見せた圧倒的な勝利から、技術的に極めて高度なValkyrieハイパーカーまで、アストンマーティンは熾烈なレースの美しさを中心に据えて革新的なクルマを作り続けています。

全世界における名声

1947年から1972年までアストンマーティンを率いた英国の実業家、デイビッド・ブラウンの影響を過小評価することはほぼ不可能でしょう。デイビッド・ブラウンの下でアストンマーティンは大きく花開き、彼の貢献がアストンマーティンの輝かしい歴史のなかでも最も著しい一時代を開拓したのです。 爆発的なダイナミズムで彼は企業に大変革をもたらし、事業を拡大してラゴンダ・ブランドを傘下に収め、今日でも胸を高鳴らせるアイコン的な名車を次々に生み出したのです。

今では名高い「DB」ネームプレートを冠する最初のアストンマーティンは、1947年に発表されたDB2。この伝説的なモデルは、1951年のル・マンでクラス2位と3位という快挙を成し遂げています。レーストラックでの高性能を、ラグジュアリーな快適性、エレガントなデザイン、丹精なクラフトマンシップにブレンドするアストンマーティンの才能を育むことで、新モデルが発表されるごとにアストンマーティンの名声は高まっていきました。 レース直系のDB3とDB3Sが発表され、それに続いて洗練されたDB4とその高性能版のDB4GT、さらに今では歴史的なザガートとのコラボレーションからDB4GTザガートが生まれました。

しかし、その後の流れを大きく変えたのは、1963年のDB5の発表でした。DB5は瞬く間に世界的な大ヒットとなり、大喝采のもとにアストンマーティンをかつてない世界舞台へと飛躍させたのです。

これは今日でも頻繁に世界で最も美しいクルマと称され、クルマの枠を超えたポピュラー文化の一角を成しています。

不朽のレガシー

私たちのつつましやかな始まりから今日まで、道路でもレーストラックでもアストンマーティンはその圧倒的な魅力で人々を惹きつけてやみません。世界中の人々がアストンマーティンの美しくデザインされたクルマ-高性能、ビスポークのクラフトマンシップ、技術的革新、不朽のスタイルの代名詞で常にあり続けるアストンマーティンのクルマを求めているのです。